お米について

農薬・化学肥料・除草剤等も一切使わない、完全自然栽培
米アレルギーにも効果が期待できる「亀の尾・ササシグレ」のご紹介

亀の尾(かめのお)は、明治時代から受け継がれてきた在来種のお米です。
日本で最も古いお米の1つでもあり、故にお米の祖先とも言われています。
ふっくらして甘く、コシと艶があるのが特徴です。
消化にとても良いお米なので、離乳食に向いています。
まだ消化器官が発達中な赤ちゃんでも、安心して食べれるように、こちらのお米を使用しています。

ササシグレは、亀の尾の孫です。
亀の尾と同様に、消化によく離乳食向けの質のいいお米です。
最近の品種改良でうまれたお米にはない、昔ながらの旨み・あまみが特徴です。
現在「米アレルギー」の患者さんたちにも注目し愛用され、研究もされています。

なぜ、米アレルギー向きなの?

米アレルギーの原因の1つは、米のでんぷんの種類(アミロペクチン)です。
コシヒカリ系などの一般的に食べられるお米(もち米)は100%アミノペクチンの米でんぷんでできていますが、「亀の尾・ササシグレ」は、このアミロペクチンが非常に低いため、米アレルギーを抑える効果が示されているのです。
現在も、多くの米アレルギー患者さんたちにも愛用されています。

やはり日本人は、伝統的に食べられてきた和食がカラダに1番合い、その中でもお米は、欠かせない存在です。
少しでもお子様の米アレルギーの不安や負担を減らし、お役に立てればと、こちらのお米を選びました。